手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

 

手術前の準備

 

レーシックの手術は、条件によって適応出来ない場合があり、その為に、手術前には様々な検査を行う必要があります。検査の内容は、角膜や身体などの状態を検査する「各種検査」と、レーシックのメリットやデメリット、目的と効果の照らし合わせなどの「問診」の大きく2つがあります。

 

各種検査

これらの検査では、眼や身体の状態から手術に適応しているかどうかを判断する為の検査になります。
各病院によって検査の内容などが異なる場合がありますが、主な検査内容として下記のようなものがあります。また、これらの検査をしても、これらの検査結果をみた上で検討することもできるので、検査だけを受けて、後日改めて手術を行うのも可能です。


【視力検査】

近視や乱視などの度数を検査します。この度数により、レーザーの照射時間などを調節して適正な矯正の程度を割り出します。

 

【眼圧検査】

眼球に風を当てることで、眼圧の程度を測定します。眼圧が異常に高い場合には、緑内障などの疑いなどもある為、場合によっては手術が受けられないこともあります。

 

【屈折度検査・角膜厚測定・角膜形状解析】

角膜の屈折力などを検査します。角膜の厚みを正確に測定することになりますが、角膜の厚さが薄い場合には、手術を受けられない可能性があります。

 

【角膜内皮細胞撮影】

角膜内皮の細胞の状態を見る検査です。
角膜は外皮・実質・内皮から構成されていますが、角膜内皮の細胞の状態がひどい場合には、透明であるべき角膜が混濁する危険性があります。その為、眼の健康状態を見る上で大変重要な検査の1つになります。

 

【黒目球面の形状】

目の黒目の部分の形状を確認し撮影します。
レーシック手術の際にこの形状を参考にレーザーがかけられます。

 

【コントラスト視力】

濃淡の異なった4つの指標を使って視力を測定したり、コントラストの感度や眩しさをチェックします。

 

【眼底検査・瞳孔径測定】

瞳孔が開板状対で行う眼底検査です。
網膜の異常などを検査しますが、必要に応じて治療を行う場合もあります。

 

上記の検査の他に、【細隙灯顕微鏡検査】【波面収差検査】【涙液検査】などの様々な検査が行われます。

問診

医師による検査結果の報告や、レーシック手術の説明などが行われます。この問診で医師と相談して、手術を受けるかどうかや、矯正の程度、レーシックの種類などを決定させます。

実際にレーシック手術するドクターが 患者さんを診察し検査データを基にレーシック手術が可能かどうかどれくらい視力が回復するかなどをお伝えします。
ここでもう一度、レーシックについての不安などを相談することが出来ます。