手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

レーシックの種類

フェイキックIOL

フェイキックIOLは眼内レンズを入れる手術で、角膜を削るレーシックとは手術の方法が異なります。手術は事前にレーザーで虹彩に穴を開けておき、白目と黒目の堺を切開してレンズを入れるというものです。

眼内にレンズを入れる術法としては老眼の手術など水晶体を取り除くものが有名ですが、フェイキックIOLでは水晶体を残したままレンズを埋め込みます。これにより、レーシックでは治療出来なかった角膜異常の人や極度の近視でも治せるようになりました。

レーシックは角膜を削る為、夜間に瞳孔が開くと灯りがぼやけて見えるグレア現象の起こる可能性がありましたが、フェイキックIOLでは角膜に傷を付けませんのでほとんど影響がありません。